4K映画「時の絲ぐるま」の上映会が豊田市内で開催されています(令和2年度の実績と令和3年度の予定)

目次

4Kドキュメンタリー映画「時の絲ぐるま」 絹と麻2つの糸の大嘗祭にまつわる物語

大嘗祭のお供えされる絹と麻の織物

天皇陛下が新しく御即位した後に最初に行われる新嘗祭を、特別に大嘗祭といいます。稲作農業を中心とした我が国の社会に古くから伝承されてきた収穫儀礼に根ざし、皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式です。

大嘗宮の儀(主基殿供饌の儀)(皇居東御苑)
大嘗宮の儀(主基殿供饌の儀)(皇居東御苑) 宮内庁HPより

大嘗祭で最も重要なお供え物は、お米です。大嘗祭のたびに、亀卜(亀の甲羅を用いた占い)によって、東日本と西日本のそれぞれどの地域からお米をお供えするかを決めます。

他にもたくさんのお供え物があり、庭積(にわづみ)の机代物(つくえしろもの)と呼ばれる各県から選ばれたお供え物をメディアでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。
しかし、それらとは別格に重要で、大嘗宮内の悠紀殿(ゆきでん)と主基殿(すきでん)に最初から安置される2つの織物があります。

繒服(にぎたえ)と呼ばれる絹織物と、麁服(あらたえ)と呼ばれる麻織物です。

古橋懐古館所蔵『大嘗會便蒙 全』より一般財団法人古橋会資料作成

繒服は愛知県豊田市の稲武地区からお供えすることになっており、麁服は徳島県からお供えすることになっています。令和度の大嘗祭では、稲武地域大嘗祭繒服調進特別委員会を結成し、私ども一般財団法人古橋会とまゆっこクラブと地域の皆さまで協力して、繒服を調進いたしました。

地球写真家 石井友規 監督

© 2019 by maruvishi.Ltd

愛知県岡崎市に生まれ、徳島県にて動画制作会社(株式会社丸菱)を設立され、愛知県三河地方(にぎたえの地方)と徳島県(あらたえの地方)の両方にご縁があります。

大嘗祭にお供えされる織物は、なぜ⿇と絹なのか。
なぜこの⼆つの⼟地からなのか。
それらの謎を解きほぐしながら現代までの姿を辿り、伝統を受け継ぐ⼈々へ光を当て、スクリーンへ映し出します。

4Kドキュメンタリー映画「時の絲ぐるま」公式HP

石井監督は遠方にも関わらずはるばる稲武まで何度も撮影に来られ、丹念に人や自然や伝統に向き合われる姿が印象的でした。
出来上がった「時の絲ぐるま」は、はっと息を呑むほど美しい映像と、自然や日常への感謝や敬意を思い起こさせてくれる素晴らしい映画になっています。是非、ご覧いただければ幸いです。

令和2年度の豊田市内での上映会実績

新型コロナウイルスに翻弄されたものの、来場されたお客様と関係者の皆さまのご尽力によって、感染予防対策を行って開催されました。
たくさんのお客様にご来場いただき、大変ありがとうございました。

豊田市産業文化センター(令和2年10月10日)

産業文化センターの皆さまと記念撮影
当財団の古橋真人常務理事が繒服の予備を持参して講演しました
石井友規監督のご講演
古橋真人常務理事がパネル展示を説明しています

当初は令和2年5月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により一時は開催が危ぶまれました。関係者の皆さまのご尽力により、無事に開催することができました。

映画をご覧いただいたお客様からのメッセージを紹介させていただきます。
「命の大切さ、物づくりの大切さを作品を通してとても感動致しました。」
「映像が美しく、構成も素敵でした。」
「豊田市の財産を再認識することができた。この映画の上映は定例的に実施し、特に子どもたちに見てもらい、将来の豊田市にとって守り続けるもの何かを感じてほしい。」

主催公益財団法人豊田市文化振興財団
稲武地区養蚕・製糸文化伝承事業実行委員会
後援豊田市 豊田市教育委員会

逢妻交流館(令和3年2月11日)

妹島和世氏が設計された、全面が曲面ガラス張りの個性的な建物で、ホールも円形のため、新鮮な感覚の上映会になりました。
逢妻交流館様による講座報告はこちら

主催逢妻交流館
公益財団法人豊田市文化振興財団
稲武地区養蚕・製糸文化伝承事業実行委員会
後援豊田市 豊田市教育委員会

井郷交流館(令和3年2月27日)

「映画の上映を通して、文化伝承の大切さ、後継者の確保問題などを考える機会となりました。」とご感想をいただきました。
井郷交流館様による講座報告はこちら

主催井郷交流館
公益財団法人豊田市文化振興財団
稲武地区養蚕・製糸文化伝承事業実行委員会
後援豊田市 豊田市教育委員会

猿投台交流館(令和3年2月28日)

お客様のアンケートを紹介させていただきます。
「命の大切さと感謝を伝えていきたい。」
「石井監督や、古橋さんのお話を聞けたので、より一層映画のすばらしさを実感できた。」
「初めて知ることばかりで新鮮でした。映像がとてもきれいでした。」
猿投台交流館様による講座報告はこちら

主催猿投台交流館
公益財団法人豊田市文化振興財団
稲武地区養蚕・製糸文化伝承事業実行委員会
後援豊田市 豊田市教育委員会

若林交流館(令和3年3月27日)

非常事態宣言が解除され、多くのお客様にご来場いただきました。
お蚕さんが身近な生活の中にあったお客様が多く、多くの激励のお言葉をいただきました。

主催若林交流館
公益財団法人豊田市文化振興財団
稲武地区養蚕・製糸文化伝承事業実行委員会
後援豊田市 豊田市教育委員会

令和3年度の豊田市内での上映会開催予定

令和3年度の豊田市内での上映会は以下の6箇所の交流館で開催される予定です。
開催日は予定ですので、開催交流館の正式な発表を参考にしてください。

令和3年6月26日(土)末野原交流館
令和3年6月27日(日)崇化館交流館
令和3年7月11日(日)足助交流館
令和3年11月20日(土)益富交流館
令和3年11月21日(日)美里交流館
開催日未定下山交流館
令和3年度の豊田市内での上映会開催予定

自主上映会の開催案内

映画「時の絲ぐるま」は、自主上映会の開催も可能です。
是非ご検討ください。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

私たちは、300年以上の歴史がある豪農古橋家の歴史と家訓「家は徳に栄える」を受け継ぐ財団法人です。
私たちは、豪農旧家、中山間地域、歴史や伝統文化など、古めかしくて時代遅れとみなされたものを、現代においても通用する形に磨き上げて、人と人との繋がりが人を支え、人間性に根ざした、与え合う社会の実現に貢献していきます。

目次
閉じる